2007年07月15日

守るべきもの

SSCN5257.JPG
「さあさあ、お散歩に出発でち!」


若様連れで散歩に行くようになって、もう3ヶ月近く。
だいぶ若様・姫様同時扱いも慣れて来ました。

でも時々、散歩中にふと考える。


「もし今、ノーリード犬や脱走犬が来たらどうしよう」と。


犬ブログ巡りをしていると、時々・・・と言うか結構頻繁にそんな記事を目にする。
ひょっとしたら大抵の犬飼いさんはそんな状況に遭遇した事があるんじゃないだろうか。


私も1回、肝を冷やした事がある。
住宅街を散歩中、交差点に差し掛かった所で、いきなり右方向からノーリードの黒ラブがこちらに向かって走って来たのだ。
当時、琥珀さんは膝の手術直後でまだひょこひょこ歩いていたから、在り来たりの表現だけどそりゃもう心臓が止まるかと思った。
幸いこの黒ラブは凄く懐っこいコで、ただ単に遊びたくて走って来ただけだったから、事故にはならなかったけれど。

もし、今同じような状況になって、その犬が攻撃的なコだったら。
琥珀さんと、ベビーカーに乗っている若様を、私一人で守りきれるのか。


平らな道ならいい。姫様を抱えて、私がベビーカーの前に仁王立ちで、(表現は悪いけど)相手の犬を蹴り殺す覚悟で向かい討てば何とかなるだろう。
でももし、ベビーカーから一瞬たりとも手の放せない様な坂道だったら?

ウチの周りはかなり坂だらけで、坂道を回避して散歩するのは殆ど不可能に近い。
もし、そんな坂道で襲い掛かられたら・・・。

そう思うと、若様はおんぶで散歩するのがベストなんだろうけど、若様首すわりがまだちょっと心許ないし。
今は暑い季節だから、多分グズるだろうし。
首が心配なくなって、涼しくなったらおんぶで散歩も考えよう。



SSCN5331.JPG
「かあちゃん何悩んでるでち?」


ん?
あんた達は何の心配もしなくて良いんだよ。
考えるのは大人の役割だからね。



そーれーにーしーてーもー。
以前出会ったノーリードの黒ラブ。
住宅街で大型犬を放流とは何事か。
もし交差点から出て来たのが犬嫌いの子供とかだったらどうするんだ。
飼い主さんもすぐに来てリードつけてはくれたけど、全然悪いとは思ってなかったし。「すいません」の一言もなかったからね。
多分回りに誰もいなかったから放したんだろうけど、住宅街なんだから見通しは悪いし、曲がり角から子供だって車だって出てくる事はあるだろう。
そう言う事を考えないってのは、あまりに想像力が足りないんじゃないか?


私には、ほんの5歳頃の事だけど、重度の犬恐怖症だった時期がある。
幼稚園の友達の家の犬(中型雑種)に噛まれたからだ。
まぁそれで病院に行った記憶もないし、親同士でなんかあった記憶もないから、「噛まれた」と言っても全然大した事はなかったんだろうけど。
それでもその衝撃は甚大で、もう犬と云う犬に近付く事すら出来なかった。
たとえそれが、スーパーの前に係留されたチワワであってもだ。

そんな時期があったから、犬嫌いの人の精神状況は、多分良く解ってる。
もうそのイキモノが「犬」と認識出来たら、たとえ極小チワワであっても、「牙を持ったケモノ」にしか見えない。「躾が入ってるから大丈夫」とか、「小型犬だから大丈夫」とか、そんな事は問題じゃないのだ。

もしそんな精神状況の子供が道で大型犬に向かってこられたりしたら。驚いて転んで怪我する事だってあるだろう。そうなればその犬の飼い主だって非常に面倒な事になるだろうし、何よりその子は2度と犬なんか好きになれなくなるかもしれない。
ある意味、その子供の人生の方向性すら変えかねない事じゃないのか?




まぁ長々と何を言いたいのかとゆーと、
「道路でノーリードは止めてくれ」って事に尽きるんだけど(苦笑)。


最近立て続けにノーリード&脱走犬の記事を見かけたモノだから、色んな記憶が甦っちゃってねー。
迸るままに書いたから文章も怪しいかも(--;)

でもホントに、道でノーリードだけは止めて欲しい。
いつ車道に飛び出しちゃうかも解らないんだし、わんこ様を守るって意味でもね。
でも「お願いだから解ってちょーだい!!!!」って人はブログとか見てないんだろうねぇ(苦笑)。

長文・駄文にお付き合い頂き有り難うございましたm(_ _)m




【管理人の独り言の最新記事】
ニックネーム コカ at 01:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 管理人の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、ほんまにコカさんと全く同じ状況にあったことがあるのでびっくらよ。
コタ連れ、ノーリード、大型犬・・・うちの場合は相手の飼い主さんが平謝りした事かな。公園でノーリードで遊んでた犬が外に出て来ちゃったのです。
コタはご存知ガウガウなんで、大型犬と会った瞬間戦闘態勢に入っちゃって。
ガウガウするコタを首吊りで抱き上げて「誰かー!助けてーーーー!!」と叫んだもんです。その犬はコタの足めがけて飛びついてくるし。マジで怖かった。。。
実は超フレンドリーで遊びたかっただけというのも一緒!
でもそん時はそんなことわからんもんね。

私も小さい時近所の犬に襲われて噛まれた事があります。なので犬の怖い人の気持ちは痛いほどわかる。
自分も怖いのに、ちゃんと立ち向かえるのか。コタを守れるのか。
あと、フレキシリードとかで伸び放題伸ばして散歩させてる人もマジでびびる!
避ける間もなくいきなりびよ〜〜んと伸ばしてコタのそばにやってきて、コタがガウガウしたら「あら怖い!」。
すみませんと謝ってるけど、私が悪いのか?と後でモンモンとしてます。
なんか支離滅裂なコメントになっちゃったわー。
Posted by ちゃん吉 at 2007年07月15日 10:05
めちゃくちゃ長くなってしまった!すみません、つい熱くなってしまって。
フレキシは人の通る所とか犬とすれ違う時は長さをとりあえず制御してほしいなと思います。うちみたいないきなりガウ!ってやる犬もいると言う事で・・・(汗)
Posted by ちゃん吉 at 2007年07月15日 10:18
その通り ノーリードも困るけど リードが切れるのはモット困る
大型犬はなおさら 悲劇が起きる シンバにその悲劇が起きました
背中を咬まれちゃった ご近所のワンコだったのに
藤公園でよく遊んでいるワンコ リードが切れてねえ 襲われた

傷は縫うほどではなかったけど ビックリした
普段いくら大人しくしてても やっぱり管理は厳重に
虫の居所が悪いときもあるからね

琥珀さん シンバ兄は円形脱毛症のようになっているよ
少し 笑える
Posted by 4丁目のフジタ at 2007年07月16日 00:02
コカさんの近所は坂道ばかりなんですか〜あせあせ(飛び散る汗)
それは、大変だ!
ウチは普通の道なので、ベビーカー&犬の散歩・三輪車&犬の散歩が
な〜ちゃん3歳までOKでした。

哲も散歩中に他の犬に襲われた事があります犬(怒)
白と黒の哲よりもっと大きな犬2頭を散歩中の飼い主の手から
リードがスルリと外れ
哲とモミクチャの喧嘩になりました。
一瞬の事で、私は哲を守る事が出来ませんでした顔(泣)

コカさんも万が一の時の事、考えておくのは、大事でしょうねexclamation×2
Posted by 哲マミー at 2007年07月16日 13:17
◆ちゃん吉さま◆
コタローくんも同じ様な場面に遭遇した事があったんですね。
お互い大事に至らなくて何よりですけど、ホントに油断出来ませんよね・・・。
フレキシ伸び放題も困りモンですなぁ。
コレは小型犬の方が良く見かける気がします。
私は道ではフレキシもロックしっぱなしです。
いつ曲がり角から人や車が出て来るとも知れないので。
琥珀さんが加害者になる可能性だってありますものね、避けられる危険性は出来るだけ避けるよう気をつけたいです。
Posted by コカ at 2007年07月16日 15:35
◆4丁目のフジタさま◆
えええ、シンバくん大丈夫ですか?!
リードが切れてって、劣化してたのをそのままにしてたんでしょうか?
そんな事もあるんですね・・・。
シンバくん、傷は縫うほどではなかったのは幸いですけど、トラウマとか残らなければ良いのですが・・・。

琥珀より:
シンバ兄たん大丈夫でちか?お散歩は出来まちか?
今度会ったらあたちのおやつお裾分けしてあげまちから、元気出すでちよー。
円形おハゲも早く治るとイイでちね。
Posted by コカ at 2007年07月16日 15:50
◆哲マミーさま◆
そうなんです、ホントに登ったり下ったりの坂道だらけなのです(T-T)
だから腹が大きい時もキツかった・・・。
てっちゃんも襲われた事があるんですか。
ホントにこーゆー事件て頻繁に起こるのですね・・・。
とっさの時って、なかなか体動かないものですよね。私も黒ラブに突進された時はすっかり硬直してしまって、琥珀さんを抱き上げる事も出来ませんでした。
心構えは常にしてないと駄目かもしれないですね。
Posted by コカ at 2007年07月16日 15:55
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/938871
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック